プリザーブドフラワーの加工

プリザーブドフラワーに向いている花と向いていない花

プリザーブドフラワーにも、向いている花と向いていない花の種類があります。
加工する必要があるため、加工している途中に崩れてしまったり、
花びらが破れてしまう花は向いていないと言えます。
プリザーブドフラワーに使用される花で一番多い種類が、薔薇です。
花びらが厚く、花びらの数も多く、造りがしっかりしているため、加工しやすいという理由のためです。
その他にも、「存在感がある」、「高級感がある」、「華やか」、「年間を通して安定して生産される」
という理由もあります。
そのため、プリザーブドフラワーには、圧倒的に薔薇が多く使用されるのです。
薔薇の次に多い花が、カーネーション、ラン、あじさいなどです。
これらの花も加工しやすいことと、薔薇と一緒に飾る際に似合うというところも理由として挙げられます。
その他、チューリップや菊などの花も使用されています。
プリザーブドフラワーに向いていない花としては、ユリの花やボタン、ヒマワリなどの大きさが大きい花や、
サクラの花、スイートピー、コスモスなどの花びらが薄かったり、花びらの数が少なかったりする花です。
これらの花は、生産量が多くないために手に入りにくい、このことが理由で値段が高価、花びらが薄いために
加工しづらかったり壊れやすかったりするなどの理由から、使用されることが少ないです。
しかし、プリザーブドフラワーの加工技術も進化していっているため、
今後プリザーブドフラワーとして加工しやすくなるようになる時代が来るかもしれません。



 

胡蝶蘭

ベリーダンス衣装